歯科矯正中のお肌のたるみケア


歯科矯正中のお肌のたるみケア

歯並びを矯正している人は多いですよね。矯正中は痛みもあるようです。
でも、きれいになるためにお金をかけてやっているのですから、我慢しなければなりません。

歯列矯正中は、歯並びが徐々に変わっていきますので、噛み合わせがうまくいかなくなったりして、食べ物もうまく食べることができなくなることもあるそうです。歯磨きも丁寧にやらないと、すぐに虫歯になりやすくなります。
矯正は、最低でも2年程度の期間がかかります。矯正器具を付けて2年程かけて歯並びを治していきますので、あごや口の力が弱まってきたりするそうです。そうなるとフェイスライン、また、デコルテ、口角の両脇が下がってくるおそれがあります。

さらに、口元に力が入りにくくなるため、のどの皮膚のハリが弱くなってきます。

そうなると、下あごが前に出てきたりすることもあります。
ですから、そんな時こそ、フェイスラインが崩れないように、お肌のたるみケアが必要になってくるわけです。

歯列矯正中は、特に口の周りの筋肉を鍛えることが大事になってくるでしょう。マッサージやストレッチなどで、口元を鍛えることもできます。

口の周りの筋肉を鍛える、専用のトレーニング道具に「バタカラ」というものがあります。5,000円程度で手に入ると思います。もし興味があったら使ってみても良いと思いますよ。

歯列矯正中だからと言って手を抜かず、美のために頑張って鍛えておくと、終わったあとに、キレイなフェイスラインで、キレイな歯並びを手に入れられますよ!