いつもの癖でたるみ顔に?


いつもの癖でたるみ顔に?

顔のたるみが気になってきて、改善のためにフェイシャルマッサージや、サプリメントを飲んで対処をしていても、日常生活の中で行っている何気ない動作がたるみを引き起こしているとしたらどうしますか?

たるみの原因となる動作はいくつかありますが、頬杖をつく癖がある人は要注意です。
テレビを見ながら、雑誌を読みながら、話をしながらなど知らず知らずのうちに、頬杖をついていることがあります。頬杖は手のひらを頬に力いっぱいあてているので、実は肌に負担をかけているのです。それがたるみを引き起こしている原因となっています。

また、嫌な事やストレスが溜まると、知らないうちに眉間にシワを寄せています。これも筋肉を緊張させ、たるみが出来る原因となります。

最もたるみを引き起こす原因は、口角を下げることです。口をへの字にすることで筋肉も下がり、頬や目元の筋肉もさがってしまいます。そのため、たるみに発展してしまいます。
気づいた時は、口角をきゅっと上げるように意識しましょう。
そうすればたるみも防止できるし、見た目も美しくなるはずです。

人相学的から言って、口角が下がって口がへの字になっている人は、不満ばかり持っているとされています。あまり良い事ではありませんね。
美容面に関しても、不満ばかり持っている人に美しい人なんていないと思います。

一人でいる時でも、常に意識をして口角を上げるようにすると、自然と美しさも表れてくるでしょう。そのうえ、たるみのない美しい輪郭が取り戻せます。