メソセラピーで目の下のたるみ取り


メソセラピーで目の下のたるみ取り

目の下のたるみを改善する方法として、「メソセラピー」という方法があります。
「メソセラピー」というのはいったいどういうものなのでしょうか?

フランスで開発されたメソセラピーは、美容整形において、脂肪溶解注射とも呼ばれています。部分痩身(部分痩せ)やセルライトを除去する目的で利用されています。目の下のたるみも過剰脂肪が原因ですので、この方法が効果があるとされています。
美容整形外科の大半は、メソセラピーを取り入れているようですが、目の下のたるみ取りの方法として紹介はされてはいません。
多くは、部分痩せの方法として紹介されています。
切開法やレーザー法などは、目にメスやレーザーを使うというこのなので、それが怖いという方が多くいるようです。
メソセラピーも注射ですので、同じように、施術を受けるの怖くてできないという方も多いのではないかと思います。

目の下のたるみの他にも、悩みは、おなかや太もも、身体全体の脂肪やたるみなど、つきることがありません。
体の気になる部分は、エクササイズなどを継続的に行い、改善することができます。
目の下のたるみも、エクササイズをすれば改善するのではないかと考え、探してみました。

目の下のたるみのマッサージ

1.化粧を落とします。(お風呂上りに行うとより効果的です)
2.目の下のたるみ部分を優しくマッサージします。

この方法は、マッサージにより、新陳代謝を上げ、たるみを解消しようということです。