20代の肌と目の下のたるみ


20代の肌と目の下のたるみ

まだ20代なのに初めて会った人に30代に見られてしまったなんて事もよくありますよね。
実年齢より老けて見える原因のひとつに、目の下にたるみがあります。ふけて見られるだけでなく、疲れて見えたりします。
このことからも目の印象って大事なんだなって思いますね。

では、目の下のたるみはいつから始まるのでしょうか?

実は、意外なことに、目の下のたるみは20代の頃から始まってきているのです。
20代の時は何もしなくても肌はすべすべだし、寝不足や、多少のダイエットにもお肌にトラブルが現れることも少ないでしょう。お化粧のノリが悪いなんて思うこともあまりありません。
でも、実はこれが危ないのです。若い時には、肌に現れづらいので、無理を平気でしてしまいます。若いからと過信せずに、少しずつお肌のために努力をしてあげましょう。そうすれば、全然違った30代が迎えられるはずです。

目の下のたるみというのは、過剰脂肪により皮膚が余り、目の下が腫れて見えてしまうことです。
年を取っていけば、こようなたるみはしかたのないことですが、本当に年齢だけが目の下のたるみの原因なのでしょうか?

予防や、改善する方法はないのでしょうか。

まず目がたるむ原因は何なのか考えて見ましょう。

原因として主たるものは加齢です。加齢にともない筋肉が衰えて来ます。目の周りの筋肉も例外ではありません。

目の下のたるみは、衰えた目の周りの筋肉が眼球を支えきれなくなり、眼球が目の下の脂肪を押し出す状態です。

また、目の下に脂肪がつくのは、目を守ろうとする機能なので、それも原因のひとつです。
全員が、目の下に脂肪が付くわけではありません。つきにくいひとももちろん居ます。個人の体質も大いにかかわっているのです。