たるみ防止のための食べ物


たるみ防止のための食べ物

お肌の細胞をくっつけているコラーゲン、弾力の元となっているエラスチン、乾燥を防いでいるヒアルロンサンなどの量が、加齢とともに減ってくると、表情筋の働きが弱まったり新陳代謝が悪くなったりしてきます。
このように、年齢と共に肌の弾力や機能が衰えてきて現れてくるお肌のたるみの原因は、このようなところにあると言われています。

最近、寝起きの顔に枕のあとがしっかり付いていて、なかなか消えないなんて経験が多くなっていませんか?
例えば、テニスラケットの、ガットがピンと張られていると、ボールを売っても勢いよく跳ね返ります。
でもガットがたるんでくるとボールの跳ね返りは弱まってしまいますよね。
まさにお肌のたるみの構造というのもこういうことなのです。お肌の弾力(ハリ)が無くなり、たるんできます。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を多く摂るように日頃から心がけましょう。若さの秘訣を得てお肌のたるみを防ぎましょうね。

【お肌のたるみを防止する方法】

1.肉や魚の骨、軟骨、皮、内臓などのプルプルしている部分にコラーゲンは多く含まれています。このような食事からの補給方法が一番いいのですが、ちょっと苦手という人や、大変だという人は、サプリメントメントで補うようにすると良いでしょう。

2.エラスチンは、牛すじ肉や手羽先、軟骨、煮魚などに多く含まれています。これは、できるだけ夜に摂ると効果が高いと言われています。

3.ヒアルロン酸は、ふかひれスープや手羽などに多く含まれています。ヒアルロン酸は、壊された細胞を修復していく働きがあります。
ヒアルロン酸は、サプリメントメントや化粧水などからも摂るとことが出来ます。