お肌のたるみを改善する顔の筋トレ


お肌のたるみを改善する顔の筋トレ

法令線(ほうれい線)は、小鼻の両脇から口元にかけてある八の字のシワのことを言います。このシワは生まれたときから誰でもありますが、年を重ねていくと頬の筋肉がたるんで脂肪が下がると、法令線がくっきりと目立ってきてしまうのです。法令線が目立つようになると顔の印象が老けて見えますので、女性なら割と若いときから気になる場所ですよね。

そこで、法令線の上の頬のたるみを予防する方法として、フェイスストレッチがあります。
表情筋は、表情を作る顔の筋肉ですが、私達の日常的な生活の中では3割程度しか使われていないそうです。

表情筋を使わないと、筋肉が衰えてきて、支えられなくなった皮膚がたるむという図式が成り立ってしまいます。
表情筋をストレッチで鍛えることにより、たるみやシワを予防することが出来ます。
また、鍛えることで小顔になる効果があったり、表情が豊かになったりもするので、是非試してみてください。

【口を動かす】
口輪筋は、口の周りの筋肉で、顔の筋肉とつながっています。これを鍛えることで、口元が引き締まり顔全体にも影響がでてきます。

1.口を大きく動かし「あ」を発声し、顔の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープします。
   (「あ」の発声は、少し上を向いた状態で口を大きく開けます。)

2.口を大きく動かし「い」を発声します。顔の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープしましょう。
   (「い」の発声は、口を横に引っ張った状態です。口角は少し上気味にしましょう)

3.次に「う」を発声します。口を大きく動かし、お肌の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープします。
   (「う」の発声は、口を前に突き出します。このとき頬はすぼめるようにしましょう。)

4.次に、口を大きく動かし「え」を発声します。顔のの筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープします。
   (「え」の発声は、口を大きく開けながら歯を隠すようなかんじで、唇を内側に巻き込みます。)

5.口を大きく動かし「お」を発声します。顔の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープします。
   (「お」の発声は、口を前に突き出した状態)

6.1〜5をゆっくり5回ほど繰り返してストレッチしましょう。