目の下のたるみの美容整形


目の下のたるみの美容整形

目の下のたるみが目立ってくると、老けて見えがちですよね。
そうなると、メイクでごまかそうという気持ちが出てきます。
ところが、実は、目の下がたるむのは、メイクも原因になっていることがあります。知っていましたか?

化粧品は、油分が多く含まれていて、イソパラフィンが皮膚の細胞に絡みつき、重くなります。このため、目の下が下がってきてたるむということになっています。

そのため、化粧を落とさないで眠ったりするなど、肌の手入れを怠っていると、必ずというわけではありませんが、目の下のたるみにつながってきてしまいます。

今すぐたるみを取りたいという人や毎日のケアでたるみを取る努力をしたくないという人には美容整形という手段もあります。
美容整形外科では、過剰脂肪部分を除去することで、たるみを簡単に取り除くことが出来きます。

目の下のたるみを取るための美容整形は大きく分けて二種類ありますのでご紹介します。

【切開法】
メスを使って目の下のたるみを取る方法です。切開場所はマツゲの生え際に近いところで切開するので目立ちません。

この手法では、あまった皮膚を切り取り、緩んだ筋肉の張りを戻します。

切開した後に、脂肪を切除し、余った皮膚を切除して縫合します。
どちらかというと、ひどいたるみの場合に効果がある方法となっています。

【レーザー法】
下まぶたの裏側の皮膚からレーザーで皮下脂肪を除去します。こうして、たるみやふくらみやくまなどを除去する方法です。

裏側からの処理なので、傷跡は目立ちません。
そういった点からも、切開法よりレーザー法を使う場合が多いようです。

費用は大体20〜30万円前後だと思いますが、クリニックによって違いますので確認してみてくださいね。