お肌のたるみ改善法2


お肌のたるみ改善法2

肌のたるみの原因のひとつには、表情筋という表情をつくるための筋肉が衰えることがあります。
ですが、その他にも原因はいくつかあります。

ここでは、お肌のたるみ改善のため方法をご紹介したいと思いますので参考にしてみてくださいね。

お肌のたるみは、どういう場合に出てくるかというと、以下のことが原因で起こるといわれています。

1.表情筋を使わない事で、顔の筋肉が衰える
2.コラーゲンの減少
3.ヒアルロン酸の減少
4.新陳代謝の低下

1.の表情筋を使わないことはエクササイズをするなどして対処できます。
では、その他の3つは、どう対処すればよいのでしょうか。

「コラーゲン」は、加齢によって起こるので、完全に防止するのは、難しいのですが、日ごろストレスが溜めている人は、加齢現象が現れやすいので、極力ストレスをためないように注意したり、ストレスを感じたら、早めにケアしてあげましょう。
また、コラーゲンは、食べ物から摂取できるほか、粉末や飲料などからも摂ることができます。活用してみましょう。

次にヒアルロン酸ですが、ヒアルロン酸の減少もコラーゲン同様加齢減少の一つとなっているため、これも完全にたるみに対しての防止策にはなりません。
産まれたての赤ちゃんのヒアルロン酸の量は成人の2倍はあると言われています。そのくらい、ヒアルロン酸は、加齢により減少しているのです。

最近では、ヒアルロン酸配合の化粧品などが多く発売されています。
また、ヒアルロン酸もサプリメントや飲料などがありますので利用してみるのもよいでしょう。

新陳代謝の低下は、、これは規則正しく生活することにより、ホルモンのバランスを崩さないようにすることで改善できます。

食事から改善するためには、緑黄色野菜やレバーなどが効果があります。
また、ストレスを溜めすぎない健康的な生活を送ることが、最善のたるみ防止につながるのではないかと思います。