たるみに効果的なストレッチ


たるみに効果的なストレッチ

お肌のたるみは、どのくらいから始まるのでしょうか。
一般的に20代半ばから始まるといわれています。皮膚やそれを支える筋肉が衰えてくる事が原因とされています。
主に、目元、頬、アゴといったところにたるみが出て気になるようになります。
ですが、たるみは急に出てくるものではなく、ゆっくりと進行していくので、自覚されにくいという特徴があります。
また、マッサージなどでは改善しにくいと言われています。
たるみにもっとも悪影響があるのが紫外線です。
紫外線は真皮にまで届き、コラーゲン繊維を壊してしまいますので紫外線対策は忘れないようにしましょう。

小鼻の脇辺りから口の横に縦に八の字にあるほうれい線は、赤ちゃんのころからあるものですが、顔がたるむと深くなり、深くなれば深くなるほど老けた印象を与えてしまいます。
逆にいうとほうれい線が目立たないと若々しい印象でいられるといえます。

深くなってしまったほうれい線や、たるみを改善するには、基本的には表情筋を鍛えることです。

表情筋を鍛えるためのストレッチのしかたは、「あー」「いー」「うー」「えー」「おー」をゆっくりと声を出しながら、大きな口で開けたり閉じたりを繰り返して顔の筋肉を少し大げさに動かすことです。

他には、マッサージで改善することもあります。鏡を見ながらゆっくりとマッサージしてみましょう。基本は下から上、内から外です。力を入れすぎないように、軽く、指がタッチしているような気持ちでやってみましょう。

また、マッサージやストレッチがうまくできないときは、専用の道具などを使って、顔を引き上げる運動をしてみるのもよいかもしれませんね。