たるみに気づいた時


たるみに気づいた時

自分の顔のたるみに気づくときは、ふとしたことが多いですね。
夜、電車に乗って、ふと窓ガラスに映った自分の顔を見ると、ガッカリしてしまうほど、老けて見えることがあります。普段鏡を見るときは、緊張してよい顔を作っていますし、何気なく自分で自分の顔を見る機会は意外と少ないものです。そのため、突然普段の顔を見るとドキッとすることになってしまいます。
もちろん窓ガラスは肌の色などがちゃんと映っているわけではないので、それなりに不気味にははっていますが、たるみや、疲れというのは、映っているそのままです。
一緒に窓ガラスにうつっていた高校生の顔などは、実際の見た目と同じように映っていましたよね。

見たくないから、放っておくというのはいかがでしょうか?

窓ガラスに映っていた自分の顔は、気のせいではなくたるみやシワや疲れが出ている自分の顔なのです。
その影こそがたるみの跡です。

でもあまり悲観するのはやめましょう。これは自分の今の姿を認識できるチャンスの時だったわけです。せっかく嫌な思いをしたので、このチャンス是非逃さずに生かしてみましょう。

このようなことがあったのに、そのままたるみを放っておいてケアも何もしないでいると、どんどんたるみは進行していくだけです。
明らかにたるんでしまった顔になってしまっても、もう遅いかもしれません。
気づいたその時点からケアをしてあげれば徐々にではあっても改善に向かっていくでしょう。

今度、電車の窓ガラスに映った自分の顔を見て喜びを感じるようになるように努力してみましょう。