肌がたるむ原因は?


肌がたるむ原因は?

年齢とともに、顔の輪郭も下へとたるんできます。なぜお肌はたるむのでしょう?

日常のなんでもない行動が、年を重ねるにつれて、たるみの原因になってしまったいるってご存知でした?日常のことといえば毎日の積み重ねになってしまいます。怖いですね。若い頃と重力は少しも変わってないはずなのに。

お肌の中で、コラーゲンというのは肌の張りを維持する役割をしています。コラーゲンが頑張って、重力に負けないでお肌を支えていてくれれば、肌はたるみとは無縁になります。
ストレスや、紫外線を浴びたり、また年齢を重ねることでも、コラーゲンは破壊されたり、作られにくくなってきてしまうのです。
そのため、日々どんどんコラーゲンは減少していっているのです。

表情筋とはお肌の筋肉のことで、私たちが怒ったり笑ったり泣いたりとさまざまな表情を作るための筋肉です。
これもまた、お肌のたるみに大きく関係しているのです。
コラーゲンと同じようにに表情筋も年齢と共に力が低下していきます。

若い人でも適度に運動しないと筋肉は衰えていきます。
表情筋も同じです。鍛えないと衰えてくるのです。
表情筋は、怒った顔よりも、笑顔のほうが、より多くの筋肉を使っているそうです。大いに笑って表情筋を鍛えましょう。
笑顔を忘れてしまうと、表情筋の老化を早めてしまう可能性もあります。
口角が下がっていると、たるみも進行します。口角を上げて笑顔を意識して、たるみ防止につなげていきましょう。

また、あなたは、パソコンやテレビの前で、頬杖ついていないでしょうか?
頬杖を付くというのは肌に負担をかけているようです。頬杖をつくほど、お肌の老化を早める原因になります。