お肌のたるむ仕組み


お肌のたるむ仕組み

みなさんは、何かお肌のたるみ対策を行っていますか?
年を重ねるにつれて、お肌のたるみとが気になってくる人も多いと思います。
お肌のたるみというのは筋肉が歪みから起こってくると言われています。

顔にはさまざまな筋肉があり、それが表情を作っています。総称して「表情筋」というのですが、顔には表情筋が40種類以上も存在していています。これらの表情筋が顔全体に張り巡らされているのです。

年齢とともに真皮層にあるコラーゲン、エラスチンなどの成分が少しずつなくなってきます。無くなって来るとお肌のハリが失われてきます。お肌のたるみの仕組みというのは、この「ハリ」が失われて、表情筋を支える力が無くなり、表情筋がダラリと垂れ下がってきてしまうという事です。
また年を重ねてくるとお肌の筋肉そのものが少しずつ少しずつたるんできてしまいます。これが一般的に「たるみ」と呼ばれているものになります。

その顔にできたたるみに「折じわ」のようなものが出来てしまうと、お肌の「シワ」になってしまいます。
また、コラーゲンやエラスチンは、加齢によって自然と減少してくるといわれていますが、でも、若いからといって油断してはいけません。これらの成分は紫外線でも破壊されていることがとても多いということがわかっています。若い人でもで外に出る機会が多い人は特に気をつけたほうがいいかもしれませんね。

また、たるみというのは、筋肉や皮膚が、皮下脂肪の重みに耐えられなくなってしまうために起こります。
ですから、太る事によってもお肌のたるみができてしまうこともあります。
また、それとは逆に、太っていた人が急激に痩せると、皮膚が余ってたるんでしまうということもあります。

急激にダイエットをして体重を減らすというのはあまりお勧めしません。