電気毛布と冷え性


女性の味方、携帯よもぎ座浴


女性だけが持っている大切な器官。デリケートな器官であるがゆえに、子宮の健康は、しばしば無いがしろに されるところがありませんか? 私たちは、もっと大切にしなければいけないと考えています。 だからこそ、『子宮温暖化』が大切!!


電気毛布と冷え性

冷え性の人にとって、寒い冬は寝付くのにも苦労することが多いのではないでしょうか。そのため、寒さをしのぐために電気毛布を使っている人もいると思います。

ぬくぬくと温かい電気毛布は、手足の冷たさをすぐに温めてくれるので気持ちいいのですが、実はこの電気毛布は、間違った使い方をしてしまうと、健康を損ねる場合があります。
電気毛布を使って寝た翌日に、熟睡した感じがしなかったり、体がだるかったり、といったことを感じたことはありませんか?

私たちは、寝ている間は体温を下げてエネルギー代謝を抑制して、体全体を休ませているのです。

電気毛布を使ったままで寝てしまうと、寝ている間に、うまく体温が下がらず、本来休んでいるはずの体が、十分に休めなくなってしまうのです。

さらに、このような状態が続いていくと、電気毛布を使っていない時でも、体温をうまく下げることができなくなってしまいます。

また、布団が温かくなりすぎて、汗を必要以上にかいてしまうので、皮膚にとってもよくありません。

電気毛布がないと眠れない・・という人は、布団に入る前まで電気毛布をつけておいて、寝る時にはスイッチを切ると良いでしょう。また、タイマー付きもよいですね。
電気毛布の設定温度はあまり高くしないように気をつけましょう。。

今、ちょっとしたブームになっている「湯たんぽ」をは使ってみたことがありますか?

足元に置いておけば、十分に温かくして眠ることができますし、自然に温度が下がっていくので安心です。

高齢の方や、妊婦さん、赤ちゃんがいるお家の人には、とくにオススメです。