冷え性に良いお風呂の入り方1


女性の味方、携帯よもぎ座浴


女性だけが持っている大切な器官。デリケートな器官であるがゆえに、子宮の健康は、しばしば無いがしろに されるところがありませんか? 私たちは、もっと大切にしなければいけないと考えています。 だからこそ、『子宮温暖化』が大切!!


冷え性に良いお風呂の入り方1

冷え性の改善する方法はさまざま意外とたくさんありますが、リラックス効果もあり、体も温かく、疲れをほぐしてくれるのは、何といっても入浴です。

最近は、お風呂を沸かすのが面倒、時間がないなどの理由で、お風呂ではなく、ャワーで済ませている人が増えているようですが、体の冷えが気になる人は、ちゃんとお風呂にお湯をためて入浴しましょう。

シャワーで済ませてしまっては体を温める効果はほとんどありません。
特に、冬は、シャワーを浴びていると逆に冷えてしまうこともあるので、しっかりお風呂に入って体の芯まで温めるようにしましょう。

お風呂のお湯は、ぬるめの温度でゆっくり入るのが効果的です。

熱いお湯が好きな人もいると思いますが、熱いお風呂は交感神経を刺激して、血管が収縮し、体の皮膚しか温まることができなくなってしまいます。
また、熱い風呂は体が活動的になってしまい、寝付きづらくなります。

お湯が熱いと、長く入っていることができませんので、お風呂から出た後にすぐに湯冷めしてしまう可能性もあります。これでは逆効果ですね。

冷え性の人は、38℃〜40度のぬるめのお湯に、最低でも15分はつかるようにしましょう。
体にやさしいぬるめのお湯につかれば、副交感神経が働いて血管が広がり、血液の流れが良くなります。

お風呂の中で足の指を開いたり閉じたりして、かるくストレッチしてみましょう。足の指の付け根には、自律神経の通り道があり、動かすことで自律神経の活性化につながり、血液の流れがよくなります。

体を洗いながら、心臓からはなれた部位から、心臓へ向かってマッサージを行うと血行がよくなります。

ちょっとした心がけで、湯上り後の温かさの持続時間が変わってくるので、簡単に行えることは習慣化して、冷え性の克服に努めましょう。