ふくらはぎを温めて冷え性を防止


女性の味方、携帯よもぎ座浴


女性だけが持っている大切な器官。デリケートな器官であるがゆえに、子宮の健康は、しばしば無いがしろに されるところがありませんか? 私たちは、もっと大切にしなければいけないと考えています。 だからこそ、『子宮温暖化』が大切!!


ふくらはぎを温めて冷え性を防止

冷え性が下人でぐっすり眠ることができないという人は、効果的で簡単な改善方法に「ふくらはぎを温める」という方法があります。

足先の冷えをラクにするには、血液を足先まで届けることが必要です。

血液は体の中心部から送られてきます。脚は、太ももの大きい大腿筋によって血液の温度が保たれています。でも、ふくらはぎにいくに従って、筋肉がすくなくなるので、血液の温度は下がってしまうのです。

また、寒さを感じている時は筋肉が収縮して血液の量が少なくなり、冷えやすくなってしまいます。

末端ばかりをあたためるのではなく、血液が冷えるのを防止するために、ふくらはぎを温めるようにするとよいでしょう。

最近では、ふくらはぎを温めるためにさまざまなレッグウォーマーが販売されています。
レッグウォーマーは、ふくらはぎを締め付けすぎないものがよいですね。締め付けて圧迫してしまうと、逆に血液の流れが悪くなってしまいます。

今までくつ下をはいていたのをハイソックスにしてみるとか、お家にいるときなら、小さいカイロで温めたりしてもいいですね。

定期的に、ふくらはぎをマッサージするのもよいかもしれません。

ベッドの中で、くつ下をはいて寝ていた人も、ふくらはぎを温めるレッグウォーマーを使ってみてください。
驚くほど温かく眠ることができます。