冷え性の克服のための衣服2


女性の味方、携帯よもぎ座浴


女性だけが持っている大切な器官。デリケートな器官であるがゆえに、子宮の健康は、しばしば無いがしろに されるところがありませんか? 私たちは、もっと大切にしなければいけないと考えています。 だからこそ、『子宮温暖化』が大切!!


冷え性の克服のための衣服2

寒い冬は、冷え性で悩んでいる人にとっては辛い季節です。

特に、職場などでは、自分で勝手に室温を調節できないので、衣服などにより保温するしかありません。
体の冷えを解消するには、温かい衣服を選ぶことが大切ですが、ファッション性を考えるとなかなか難しかったりするものです。
そのため、結局は寒い格好をして過ごしてしまい、結果的に体を冷やしてしまうことになります。

見た目の良さだけを重視していては、やはり冷え性は改善されません。

昔は、「ババシャツ」なんて呼ばれて、暖かい下着は、年配の人が着るイメージで、オシャレなものもなかったのですが、最近では、ものすごく薄いのに温かく、襟ぐりも服からのぞいたりしないように、深くなっているものも増えています。
また、色も肌色ばかりではなく、深い冬の服にマッチするような色のものもたくさんあります。
なので、いつまでも薄着で寒い思いをしていないで、一度試してみるとよいですね。

冷え性には、靴下をはくなど、下半身を温めるとよいのですが、首周りにも何かまくなどして、温めてみましょう。

実は、首周りは、体の中でも最も寒さを感じやすい場所です。

首は、頭へ血液を送るための大切な場所ですが、頭を支えているため、筋肉が緊張しやすく、血液の流れが悪くなりやすいのです。

また、首が冷えると末端の血流も悪くなってしまいます。

首の冷えを防ぐためには、薄いスカーフなどで温めるようにしましょう。
特に、お風呂上りに首を温めるのは、体が冷えていくのを防止するためにも効果的です。首元をしっかり温めておけば、お風呂で温めた体を衣服の中で温度を高いままで保つことができます。

軽くて薄いスカーフは、あまり保温効果はないように思うかもしれませんが、1枚巻いておくだけでも、体の温かさが全然違います。
お気に入りのスカーフを見つけてみてくださいね。