ファッションと冷え性


女性の味方、携帯よもぎ座浴


女性だけが持っている大切な器官。デリケートな器官であるがゆえに、子宮の健康は、しばしば無いがしろに されるところがありませんか? 私たちは、もっと大切にしなければいけないと考えています。 だからこそ、『子宮温暖化』が大切!!


ファッションと冷え性

冷え性に悩んでいる女性は多いですが、自分が好きでやっているはずの、ダイエットやファッションによって、体が冷えてしまっていることも多いのです。

女性のファッションは季節を先取りしたり、機能性よりもファッション性を重視する人が多いですよね。
寒い日でも、ミニスカートなどの露出の多い洋服を着ている人も多いでしょう。

薄い生地だと、フェミニンに見えたり、ミニスカートにロングブーツなどを合わせたファッションは可愛いですし、キャミソールなど露出が高い服は、女性らしさを強調するので、女性ならだれでも他の人より早く取り入れて着たいですよね。

ですが、冷え性の人は、寒い日にはそれなりに衣服で防護しておかないと、さらに悪化させる原因ともなるでしょう。

また、ガードルなどで体を無理に締め付ける下着も冷え性の原因になります。

体を締め付ける衣類を身に着けていると、血液の循環が悪くなり、冷え性の原因となります。冷え性をの克服したいのなら、体を締め付けるガードルなどは避けたほうが無難です。ハイヒールや、足を圧迫するようなデザインの靴も同様です。

体を締め付ける服を着ている場合と、ゆるめの服を着ている場合とでは、体温の上昇に違いが出るという報告もあるそうです。体が冷えていると感じるときだけでも、なるべく温かい保温性のある服を選ぶようにしましょう。

また、衣服で冷え性対策を考えるなら、お腹や下半身を重点的に温めた方が効果的です。
冷えている場所は、主に体の中心部や下半身になります。
上半身に厚手のコートを羽織るより、まずは下半身に気を配り、靴下やタイツを使って温めるようにしましょう。

下腹部に小さなカイロを貼り付けておくのも、目立たないですがかなり温かいですよ。