冷え性の原因は?2


女性の味方、携帯よもぎ座浴


女性だけが持っている大切な器官。デリケートな器官であるがゆえに、子宮の健康は、しばしば無いがしろに されるところがありませんか? 私たちは、もっと大切にしなければいけないと考えています。 だからこそ、『子宮温暖化』が大切!!


冷え性の原因は?2

女性なら少なからず冷え性で悩んでいる人は多いと思います。冷え性を改善するには、その原因を探して、取り除いてあげることが大切です。

体を冷やす食べ物や飲み物は、体を知らず知らずのうちに冷やします。仕事を持っているひとなどは、人間関係や仕事の責任、プレッシャーなどによるストレスに原因がある場合もありますが、他にどのようなことがあるのでしょう。

現代は夏は、建物の中は冷房が完備されていて、体温を調節する機能がおとろえていることにも原因はあります。

会社やデパートなどの商業施設は冷房が効きすぎているところが多いですよね。

本来なら、夏は暑くて汗をたくさんかく季節です。ですが冷房が効きすぎている場所ばかりにいて、夏でも汗をかく機会が少なくなってきています。

汗をかく回数が少ないと、新陳代謝が低下します。
また、シミなどを気にして、太陽の光を浴びない女性も多いと思います。

紫外線を浴びることは良くありませんが、日光を浴びる時間が少ないと、体の免疫力が低下して、同時に体を温める能力も低下します。

逆に冬の暖房も、効き過ぎは体には良くありません。

人の体には、もともと季節や温度に対して体内温度一定に保つように、調節する機能がありますが、冷房や暖房に頼りすぎていると、その機能が鈍ってしまい、脳に冷たさや寒さなどの情報がうまく伝えられなくなってしまいます。

このような状態が続くと、自律神経がうまく機能しなくなって、体を温めるための血液を送り込めなくなってしまうのです。

体を温めたい時は、暖房だけに頼らずに体を動かすとよいですね。ちょうどよいと思っていた室温も、外から帰ってくると暑く感じることがあります。
それだけ、歩いたりする軽い運動でも体が温まっているということなのです。

筋肉を鍛える運動は、基礎代謝を上げ、冷え性対策にも効果的です。

生活の中で、軽く体を動かす時間を作るようにしましょう。