冷え性とは?


女性の味方、携帯よもぎ座浴


女性だけが持っている大切な器官。デリケートな器官であるがゆえに、子宮の健康は、しばしば無いがしろに されるところがありませんか? 私たちは、もっと大切にしなければいけないと考えています。 だからこそ、『子宮温暖化』が大切!!


冷え性とは?

冷え性は、冬はもちろんですが、一年中体が冷えている、特に夏の冷房などで冷える、手や足などの末端が冷え、辛い症状を持っている女性は多いと思います。

会社でも、周りは寒さを感じていないのに、自分だけがもこもこと厚着をしていても末端がいつも冷たく、家に居ても、部屋を温かくしているのになかなか体が温まらないという症状は冷え性である可能性があります。

冷え性は、病気ではないですし、男性などにはとくに理解されないので、辛い思いをしている人も多いと思います。

冷え性は、実は高齢になるにつれて増えていきます。

65歳以上では6割、75歳以上では8割もの人が、冷え性であると言われています。

冷え性の症状を訴えるのは女性が多いですが、なぜなのでしょう。
女性の体は男性にくらべ筋肉の量が少ないので、女性のほうが体が冷えやすいのです。また、貧血なども関係があります。

冷え性というのは血行不良が原因です。血行不良を起こす原因は、気温の変化で毛細血管が縮んだままになり、元に戻らなかったり毛細血管まで血液が行き渡っていなかったりするなど、末端に冷えとして影響が出てきます。

冷え性は体質でなっていることが多く、個人差もあります。
でも、原因がわかり、気をつければ、症状を緩和することもできます。

主な改善方法として、毎日の食生活を見直したり、筋肉トレーニングなどがあげられます。
すぐに効果は現れなくても、地道に頑張れば必ず良くなっていくものです。

冷え性をそのままにしておくと、眠りが浅くなったり、肩こりや腰痛に発展してしまったり、体に悪影響が出てきます。

冷え性は、体の不調を知らせるための最初のサインです。その原因を考え、体質の克服に努めることが大切です。